( 乳 化 ・固液分散 ・ 細 胞 膜 破 砕・セルロース解砕 )

卓上型・試験機用・高圧ホモジナイザー
Panda PLUS 2000型
(150ml/分 X Max. 2000bar)



   
 メーカー GEA. NIRO SOAVI 社
 使用圧力  Max. 2000 bar (200 MPa)
 処理量  150/180 ml/分 50/60HZ
 動力  1.85 KW x 200 V x 3相
 ホモバルブ機構  1 段式 / 2 段式
 ホッパー容量  400 ml
 コントロール・パネル  タッチパネル方式
 寸法  780長 x 510幅 x 440高mm
 重量  約 105 kg
 冷却水  不用
 オプション  吐出ラインクーラー
 高粘度フィーダー
(1000cp以上)
 キャスター付き架台 



Niro Soavi ホモジナイザーの特徴
標準仕様機
全機種(外観)
NS2006
NS3006
NS8315
超高圧機
ろ過フィルターユニット
ホモジナイザー目次
TOP PAGE
高圧ホモジナイザーは、プランジャー・ポンプとホモジナイズ・バルブで構成されております。処理液は、ポンプで加圧され、下図に示すバルブ・シートとバルブの狭い間隔を超音速の流速で通過します。この時にバルブ・シートのエッジ部でキャビテーション(空洞現象)が発生し、その空洞の崩壊にともなって、局部的に非常に高い圧力差が引き起こされ、液中の分散相粒子が引き裂かれます。
O/W,W/O 系のエマルジョンでは高度の乳化を、また固液分散では凝集塊を一次粒子の状態まで再分散し、またバイオ分野では細胞膜を破砕し、内部の有効成分を効率良く抽出する事が可能です。
PA2K型ホモジナイザーは、コンパクトで低騒音と使い易さを主眼とし、少量のサンプルでもテストが出来る様に設計された最新鋭機種です。この試験機で得られた処理結果は、大型生産機( Max. 50 ton/h )で忠実に再現出来ます。



     * サンプルテストをお試し下さい。
高圧ホモジナイザーpandaplus2000外形図
姉妹機 Panda Plus1000型